猫がお腹を舐めハゲ「皮膚病」にエリザベス、バッチフラワーレメディ レスキュークリーム?


手がとってもカワイイ、三毛猫きなこ。
遠い目で表情が怖いですが、キャットタワーの上る穴から
お腹を出していてウケる。


150522_cat02.jpg

賢くて、神経質、猫のきもちテント(別ブログ)には、10日後に入る慎重派。


150518_cat01.jpg


黒猫(ブラックスモーク)ココが元気過ぎるのもありますが、
ストレスの自虐行為の一つ、お腹を舐めすぎ、毛はハゲ
赤くなり、広がっているので、エリザベス「S」を買ってみました。

Amazon ⇒fairy 快適快眠 犬 猫 用 エリザベスカラー 【 選べる 4 サイズ / 4 カラー 】 画期的な長時間着用仕様 (レッド, XS)


動物病院へ行くと投薬を一週間分くれますが、通院がストレス。
それにまた繰り返すと思うので、自宅でセルフケアを確立したい。

とりあえず舐めないようにして、治ればOK。
だめなときは、ペット用バッチフラワーレメディか
バッチフラワーレメディ レスキュークリーム 30g」を
買ってみようと思います。


150518_cat02.jpg

きなこはキャリーバッグを毛嫌いしていますが、ココは平気。
去勢手術の翌日だって、ケージに入れていたら入って寝ていました。

ココは豪快に猫の砂を埋めるので、ついでに猫のトイレも一つ買う。
四つと書いていますが(過去の記事)、大と極小の二つを今朝捨て「小」を買いなおす。
エリザベスが急ぐけど、先にトイレが届くだろうなー 


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定